ブログ
BLOG

【2020年最新】シェアリングエコノミーのサービス構築方法を徹底解説

2020.08.24

こんにちは。
NOVEL株式会社で代表兼エンジニアをしている岡田と申します。

シェアリングエコノミーサイトを構築したいけど、方法がさっぱり分からない。こんな悩みをお持ちの方はいますか?シェアリングエコノミーとはインターネットを通じてサービスを提供する活動のことで、スマホの普及率上昇に伴って現在注目を集めています。

しかしながら自社でもそんなサービスをやりたいと思っても、まだ専門書などは出回ってないため、「何から手を付ければ……」という方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事ではシェアリングエコノミーサイトの構築方法について解説します。シェアリングエコノミーとはそもそも何か、ということから、立ち上げのコツまで順を追って説明するので、どなたでも構築手順がわかるようになりますよ。

本記事を読んでシェアリングエコノミーサイトの構築を開始してみましょう。

シェアリングエコノミーとは

画像2

シェアリングエコノミーとは一言で表すと以下の意味です。

インターネットを通じて、個人や企業が持つスキルや時間を提供する経済活性化活動のこと。

そして、そんな活動を行えるようにするためのプラットフォームをシェアリングエコノミーサービスと呼びます。シェアリングエコノミーサービス上では、ユーザー側とサービス提供側をマッチングさせ、やり取りを行えるようになっています。

スマホやSNSの普及もあって、ネットで商品を購入する人が増えてきていますよね。それに伴って、「誰でも簡単に商品を販売できるようにする」ことの需要が増えてきているのです。

また、こういったサービスは「利用者同士で新しい関係性が築ける」「自由に個人で働ける社会に貢献する」ということもあって、現在注目を集めています。

市場規模について

画像3

シェアリングエコノミーは現在市場規模も広がっています。

日本国内では、シェアリングエコノミーの市場規模は2020年に600億円にものぼると予想され、前年と比べ22%増加すると言われています。

このようにシェアリングエコノミーは今後ますます普及が広がるサービスであることが分かりますね。

シェアリングエコノミーの事例

シェアリングエコノミーの事例をいくつか紹介します。

1. Airbnb
2. Uber Eats
3. タイムズカーシェア
4. シェア畑
5. エアークローゼット

皆さんもご存知のサービスもあるのではないでしょうか?

それぞれのサービスの特色について詳しくみていきましょう。

1. Airbnb

スクリーンショット-2020-04-07-10.50.39-1024x543 (1)

Airbnbとは自宅の部屋やマンションの空き部屋を貸し出すサービスです。特に地方では空き家が増えていること、外国人観光客が増えており宿泊施設が不足していることもあって、こういったサービスは期待されています。

特にAirbnbは民泊仲介サービスの中でも最大級で、世界各国で300万件以上の物件を掲載しています。

Airbnbを使うメリットとして、

– ホテルよりも安い値段で泊まれる
– 部屋を貸してくれた人と関係性が築ける

といったものがありますね。

またAirbnbはユーザー満足度を向上させるため、利用者のレビューを公開したり、トラブルを起こした宿泊希望者をチェックできるようにしたりしています。このようにAirbnbは民泊仲介サーヒスとして注目を集めているのです。

2. Uber Eats

スクリーンショット-2020-04-07-10.42.42-1024x508 (1)

Uber Eatsとは契約した配達スタッフが飲食物を届けてくれるフードデリバリーサービスです。Uber Eatsには数多くのレストランが掲載されており、ユーザーはその中から好きな店舗を選ぶことかできます。外出しなくても家でレストランのメニューを食べられるのが魅力です。

配達スタッフはUber Eatsと契約しているフリーランスのため、レストラン側で人材を雇う必要はありません。Uber Eatsはこのように従来とは異なる宅配サービスとして注目を集めています。

3. タイムズカーシェア

スクリーンショット-2020-04-07-10.42.55-1024x550

タイムズカーシェアはカーシェアリングサービスです。

「最近の若者は車を持ちたがらない」という話を聞いたことがないでしょうか?車は駐車場代や維持費が高い上に、都内でワザワザ購入する必要性もないということで、車を買わない人が増えていきます。

一方で、カーシェアリングの活用が増えてきており、タイムズカーシェアのように車の貸し借りを簡単にできるサービスも出てきました。レンタカーと違って手続きも簡単で、ガソリン代も不要。サービス提供側からしたら、使っていない自動車を活用できるということで、参入者が多くなっています。

このようにタイムズカーシェアも、どんどん広がっているシェアリングエコノミーサイトの1つです。

4. シェア畑

スクリーンショット-2020-04-07-10.43.13-1024x563 (1)

シェア畑とは農地や農業機器を借りることができるシェアリングサービスです。

借りた農地を使って自分で手軽に野菜の栽培などを始めることができるように。実際、利用者の8割は農業初心者です。

現状農家をする人の現象や高齢化が問題となっていますが、シェア畑によって多くの人が農業に参加可能になります。また、農業作業に必要な道具や野菜の種などは、現地で借りることができます。さらには菜園アドバイザーが農業方法を指導してくれる点も魅力です。

このように、シェア畑は誰でも農業を始められる画期的なシェアリングエコノミーサイト。

5. エアークローゼット

スクリーンショット-2020-04-07-10.43.30-1024x563

エアークローゼットは洋服やアイテムのレンタルができるシェアリングサービスです。古着屋で購入するよりや安価な値段で買えるのがメリットで、若い女性を中心に人気を集めています。

しかもエアークローゼットでは、有名なスタイリストが自分に似合う洋服を選んでくれるのです。「自分で服を選ぶと迷ってしまって中々選べない」という方は、スタイリストに決めてもらった方が良いですよね。

このようにエアークローゼットは、洋服が好きな方におすすめのシェアリングエコノミーサイトです。

必要な機能とは

ここまでシェアリングエコノミーとは何か、について解説してきました。ここからは、実際にシェアリングエコノミーサービスを構築する方法をご紹介します。

まずシェアリングエコノミーの構築に必要な機能を整理しましょう。一般的にサイトには以下の機能などが必要と言われています。

画像1

「え?こんなに?」と思われた方も多いのではないでしょうか?実はシェアリングエコノミーを構築するのはかなり大変なことです。

一般的なECサイトと比べ機能がはるかに多いですし、決済も複雑で一般ユーザー向けと出品社向け、それぞれ対応しなくてはいけません。

では、どうやってシェアリングエコノミーサービスを構築すれば良いのか。具体的な方法を次からみていきましょう。

シェアリングエコノミーサービスの構築方法

シェアリングエコノミーサービスを構築する方法は、大きくわけて2つあります。

1. 自社でエンジニアを採用する
2. 外部に依頼する

これら2つの方法のメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

1. 自社でエンジニアを採用する

画像9

自社でエンジニアを採用しサイトを構築させる方法があります。自社のエンジニアに依頼すれば「こうして欲しい」みたいな提案も簡単に行えます。

また、アウトソーシングにかかる費用も抑えることができますね。ただ、シェアリングエコノミーサービスのような大規模なサイトですと、それなりに開発者の人数が要ります。エンジニアだけでなくデザイナーも必要ですね。そのため、人件費がかかってしまうデメリットがあるのです。アウトソーシングにかかる費用と人件費を天秤にかけて、どちらが良いかを決めるのは難しいところ。

ただし、エンジニアを育成するコストもかかることを忘れてはいけません。単にユーザーとサービス提供者をマッチングさせるだけのサービスなら作成は容易ですが、利便性を考慮した機能を付加していくとなると、その分技術力が必要になってきます。

以上の理由から、自社でエンジニアを採用するのはあまり得策ではないかもしれません。

2. 外部に依頼する

画像10

自社で開発するのではなく、マッチングサイトの開発を行っている開発会社に依頼する手もあります。外部に依頼すると確かに外注費用はかかってしまいますが、専門にエンジニアの手が開発か行われるので、サイトの質が高くなるのです

また、外部に依頼するときに必要な機能をしっかり提案すれば、それに合わせてサービスを開発してくれます。加えて、マッチングサイトの開発を行う会社は多いので、自社に合わせて最適な会社を選ぶことができますよ。

こうした理由から、シェアリングエコノミーサービスを構築する場合は外部に依頼する方がオススメです。

サービス立ち上げのコツ

シェアリングエコノミーサービスを構築するなら、パートナー選びは重視した方が良いです。なぜなら、シェアリングサービスについて詳しい会社とそうでない会社があるから。

また、会社によってはこちらの提案を受け入れてくれなかったり、サービスの質が低かったりすることもあります。

良いパートナーを見つけるには、マッチングサイトを開発する実績があるかどうか確認するのがオススメ。開発のホームページには、それまでの開発実績が大抵掲載してあります。開発実績を見て、質が高いと感じた・自社に合うサービスを作ってくれると感じたなら、その会社に依頼するのが良いですね。

このように、良いパートナーを見つける手間は惜しまないようにしましょう。

マッチングサービスを開発したい方は是非、下記よりお問い合わせください。
お問い合わせ

中長期的な仕様改善まで行い
グロースまでサポート

お気軽にご相談ください。

お問い合わせのアイコン

お問い合わせ