システム保守運用費用の相場は?コストの抑え方も教えます

新規事業やサービスを立ち上げるにあたって、システムの開発や導入とともにかならず押さえておきたいポイントが保守運用です。

システムをトラブルから守り、正常に働かせる保守運用はビジネスにおいて必須とも言えますが、意外に見落としがち。また、外部に委託する場合にはランニングコストも気になるところです。

今回は、システム保守運用の基礎から、具体的な内容、外部委託における費用の相場、コストを抑える方法まで、ひとつずつ詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

目次

システムの保守運用とは

そもそも、システムの保守運用とはいったいなんでしょうか?

サービスを提供するためには、大きく分けて、システムを開発・導入し、それを維持していくというプロセスがありますが、そのうち維持にあたるのが保守運用の業務です。

  • システムの障害を未然に防ぎ、また障害が発生してしまった際には速やかな復旧をおこなう(保守)
  • ルーティン業務によってシステムを日々とどこおりなく動かす(運用)

から成り立ちます。

どちらもサービスを安全に提供する上では欠かせない業務と言えるでしょう。

システム保守運用の内容

次に、システム保守運用の具体的な内容について見ていきましょう。大きく「ソフトウェア」「ハードウェア」「サービス委託」の3つの分野にわかれます。

ソフトウェアの場合

システムを運用する上で、必ず発生するのがバグやトラブルですが、それらが発生した際に、いち早く検知し、修正・対応をおこなうことで、サービスへの被害を最小限に止めることができます。主な内容には以下のようなものがあります。

  • アプリケーション上のバグ発生時の対応
  • サーバートラブルによる通信障害などへの対応
  • その他運用におけるトラブル、問い合わせへの対応

ハードウェアの場合

システム自体の維持の他にも、それを支えるPCやサーバーといったハードウェアの管理や、データの保持といった業務もシステム運用保守の範囲です。主な内容には以下のようなものがあります。

  • ハードウェアの管理、故障対応
  • ネットワーク障害の対応
  • データの保持、バックアップ
  • セキュリティシステムの維持、アップデート
  • OSのアップデート

サービス委託

システムの維持とはやや領域が異なりますが、サービスの実運用、マーケティング施策やヘルプデスク業務(お問い合わせ対応)などをあわせて委託することも可能です。この分野に関しては、請負う会社によって提供する内容が異なるので、自社の運営体制に合わせて選ぶのが良いでしょう。以下は業務内容の一部の例です。

  • ECサイト運営
  • コンテンツマーケティング
  • SEO対策
  • ヘルプデスク運営

など

保守運用の費用

システム保守運用の内容がわかったところで、実際に外部委託するにあたっての費用を見ていきましょう。先ほどの内容ごとに紹介していきます。必要な委託業務を見極めて、無駄なコストが発生しないようにしましょう。

ソフトウェア・ハードウェア

システム自体の規模や求める業務の内容によっても費用は変化しますが、先ほどご紹介したソフトウェアとハードウェアの内容を合わせて、システム開発費用の5~15%程度が年間費用の目安と言われます。なお、15%というのがもっともポピュラーです。

例えば、500万円かけて開発したシステムの保守運用には、年間で75万円、月あたりおよそ65,000円が相場、ということになります。ほとんどの場合には、月5〜20万円ほどに収まると考えて良いでしょう。

サービス委託

サービス全体の運用やマーケティング施策などを委託する場合には、上記の15%に加えてさらに費用がかかりますから、注意が必要です。

作業内容や各社の提供するサービスによっても異なりますが、月あたり20〜50万円ほどと見積もるのが妥当なところでしょう。

また、ECサイトの運営を委託する場合には、売上・粗利のうち一定の%という契約になる場合もあるようです。

システム保守運用費用を安く抑える方法

保守運用は重要だとわかってはいても、コストはできる限り抑えたいというのが正直なところ。必要以上に負担を大きくしないための委託におけるポイントをいくつかご紹介します。

依頼内容を少なくする

当然、委託する業務の量によって費用は大きくなりますから、委託する部分と自社でカバーできる部分を明確化して、不要な依頼は避けるようにしましょう。

特に、サイトの運営、マーケティング施策、ヘルプデスクの運営といったサービス委託の内容に関しては、コストに大きく差が出る部分でもあります。一般的な費用の目安である15%とは別にコストがかかってきますから、できる限り自社でまかなうのが効率的でしょう。

フリーランス・副業に委託する

通常のシステム開発会社に委託するのではなく、フリーランスや副業のエンジニアに委託することで、中間コストを削減でき、費用を抑えられることもあります。

一方で、パッケージングされたサービスを提供する会社とは違い、要件定義や担当範囲など、つど細かなコミュニケーションをする必要があり、クオリティーも保証されている訳ではありませんから、いちがいにメリットばかりとも言えません。

システム保守運用の委託で失敗しないためには

システム保守運用の委託では、いくつか失敗しやすいパターンがあります。あらかじめポイントを押さえておけば、トラブルを未然に防ぐことができますよ。

開発実績・エンジニアのレベルの確認

委託の際には、業務のクオリティーに信頼がおける会社・エンジニアかどうかが重要です。システム開発・保守運用の実績や担当するエンジニアのレベルといった情報は、事前に必ず確認するようにしましょう。

多くの開発会社はサービスサイト上にそういった実績を掲載していますから、まずはその内容をチェックしましょう。

作業内容の事前把握

委託の範囲が明確になっていないと、取りこぼしからトラブルが発生する恐れがありますし、コストに見合ったパフォーマンスかどうかを正確に振り返ることもできません。

複数のシステムやプラグイン、クラウドなどが連携して成り立っているケースもありますし、先ほどご紹介したソフトウェアとハードウェアの切り分けなども含めて、どこまでが委託の範囲なのか、具体的な対応の方法(作業の詳細、稼働時間など)はどのようなものかをあらかじめすり合わせておくことが重要です。

また、委託における稼働評価の指標を設定することで、定期的にパフォーマンスを評価することもお忘れなく。

※以下稼働率の指標例(https://www.ipa.go.jp/about/jigyoseika/04fy-pro/chosa/srm/srm4.pdf

  • 即答率:即答件数/相談件数
    →迅速な回答が得られたかどうか
  • 引受率:引受件数/相談件数
    →どのくらい相談を引き受けてもらえるか
  • 保守時間達成率:実績時間/見積時間
    →事前の見積もりと実際で工数にどれくらいの差があるか
  • 納期達成率:納期達成件数/引受件数
    →納期がどの程度守られているか
  • 一度で修正完了率:一度で修正完了した数/引受件数
    →ミスや出戻りがどの程度発生しているか
  • 修正箇所調査、修正、確認にかけた作業時間の比率
    →保守作業の正確さがどの程度か

積極的にコミュニケーションを取っていく

前述のように、作業範囲や稼働率などを明確にしておくことでトラブルを防ぐことができますから、開発会社やエンジニアとは積極的にコミュニケーションをとり、常に認識のすり合わせをすることが必要です。

委託内容が常に明確になっていれば、自社での業務との切り分けや将来的な内製化も可能になりますから、長期的にコストの削減につなげることもできます。

まとめ

ここまで、システム保守運用について解説しました。いかがでしたでしょうか。

外部への委託による効率化と必要なコストの兼ね合いを見定め、費用対効果が大きいかどうかを判断するのが重要なポイントですので、一度自社システムの保守運用にどのくらいのコスト、人的リソースがかかるのか確認してみることをおすすめします。

ぜひ発注の際にご参考にしていただけたら幸いです。

「ジツゲン!」では、30件以上の開発案件を経験してきたノウハウを活かし、優良なオフショア会社・開発会社のご紹介をすることができます

世の中に出回っていない情報も完全無料でお伝えできますので、まずはお気軽にお問い合わせください

御社に合った企業選びを全力でサポートさせていただきます。

システム開発会社選びでこんな課題はありませんか?

一度プロジェクトに
失敗した経験がある

どんな企業に依頼すれば
良いか分からない

開発会社が多く
会社選びに苦戦している

ジツゲンなら優良な開発会社をご紹介することが可能です!

  • 開発会社としての知見があるので、業界事情に詳しい
  • プロ目線で厳選した優良なオフショア会社やシステム開発会社をご紹介
  • 発注後も相談窓口として、御社のプロジェクトをサポート

無料相談はこちらから

よかったらシェアしてください!

監修者

開発会社のメンバーが監修するWebシステム・アプリ開発をサポートするメディアです。
依頼方法やエンジニアの採用までプロダクト開発に関するお悩みを丁寧に解消するコンテンツを作っています。
おすすめの企業のご紹介もしておりますので、ぜひ本メディアをご活用ください。

目次
閉じる